ご覧頂きありがとうございます。
キャバリアとともに暮らし24年。健康、性格、を念頭に子犬から10歳以上の老犬まで1頭1頭に気を配りながらブリーディングをしています。
キャバリアはヨーロッパでは人気犬種10位の中に入るほどポピュラーな犬種で、優雅な容姿に無駄吠えは少なく、めったに怒る事がなく、人が大好きな性格の犬種で、家庭犬としてはNO1の人気犬種です。

看護師の経験を生かして一頭ずつ大切に育てています。お引渡しまで愛情を注ぎ、トイレトレーニングやリードによるお散歩の練習までしております。
少しでも不安に思うこと、疑問に思うことございましたら、何でもお尋ねください。お問い合わせのみでもお気軽にどうぞ!
キャバリアの特徴
「キャバリアキングチャールズスパニエル」 (歴史)イギリス原産16~19世紀にかけて英国王室では小型のスパニエルを飼う習慣があった。特に17世紀、チャールズ1,2世に愛された犬として知られる。19世紀に入り東洋からパグや狆がヨーロッパに持ち込まれると短吻犬種に人気が集中し、小型スパニエルも短吻に移行していった。現在のキングチャールズが短吻なのはその流れから。これに対し19世紀中期、中世の頃の面影を復元しようと運動が起こり、作出される。犬種名のキャバリアは中世の騎士を表し、体はキングチャ-ルズより一回り大きく、吻も長め、飼育しやすい家庭犬として人気を保つ。 (外観)活動的で、優雅、バランスが取れており、穏やかな表情である。 (特徴と性格)運動好きで、愛情深く、恐れを知らない。明るく友好的で攻撃性はなく、神経質な傾向も見られない。 (注意すべき病気)外耳炎・僧帽弁不全症・膝蓋骨脱臼・キアリような奇形と脊髄空洞症(CM / SM)詳しくは・・http://blogs.yahoo.co.jp/feliznenejp/folder/1155704.html?m=l
Feliz Nene のキャバリアのブリーディング(繁殖)
なるべく海外から(ドイツ・イギリス)親犬となるキャバリアを入れています。
繁殖の対象とするキャバリアは、2歳まで成犬として大事に育てます。
2歳を過ぎてから、獣医循環器専門医による 、聴診検査と心臓の超音波(心エコー)検査を行い、結果がクリアーであるキャバリアを親として繁殖を行います。
同時に関節可動域、目の検査、血液検査、検便の結果が正常であること。
なぜ2歳??2歳までは体が成長段階にあります。1歳を過ぎて異常を認めることもあります。血統が良くても100%が異常のないキャバリアが生まれるとは限りません。親としての見極めをじっくりします。

食事はドッグフードと手作り食を与え、サプリメントも加えます。キャバリアは特に脂質の消化が苦手なため、ドッグフードにはこだわります。サプリメントも心臓を守るためには必須です。

環境として、ドッグランも設置しており、天気の良い日には、キャバリアが元気に走り回ります。
見学希望について
子犬見学ご希望の方は、不在等の場合がありますので、一週間前までにご連絡ください。
子犬をお譲りする際最低限の条件
●基本室内飼育で生涯かわいがっていただける方。
●犬を問題なく飼育できる住環境である方。
●狂犬病ワクチン、伝染病ワクチン、フィラリア予防を確実に出来る方。
●繁殖のみを目的とされる方にはお譲り致しません。
●ご家族全員が子犬を飼うことに賛成で、家族みんなで面倒を見れること。
●正当な理由なしに飼育放棄する方、そのような経歴がある方にはお譲りいたしません。
●万が一飼育不可能になった場合必ずご連絡いただける方。
子犬のお引渡しについて
生後60日頃伝染病予防接種を致します、お引渡しは70日頃子犬の健康状態を考慮した上となります。二回目以降のワクチンについては一回につき別途ワクチン代金を頂いております。
生後90日以降のお預かりの場合、フード代金をいただく場合がございます。
生態保証について
お引き渡し後、90日以内に死亡した場合、もしくは日常生活に支障をきたすような先天性の異常が見つかった場合は、代犬提供。または子犬代金全額のご返金をいたします。(送料、手数料等は含みません。代犬においては、お待ちいただく場合がございます。)2ヶ所の診断書(原本)ご提出ください。
子犬代金を超える治療費や、先天性疾患以外の病気の治療費、慰謝料、交通費、手数料などは保証の対象になりません。
臍ヘルニア(出べそ)は手術を必要とする場合以外は欠点といたしません。
体調不良等は出来るだけ早くご連絡ください。ご連絡が遅い場合は保証外とさせていただくことがあります。
生態保証外となる項目
(1)飼養者の不注意、過失、故意による場合
(2)同居の犬や猫を起因とする場合
(3)伝染病予防ワクチンの接種を受けなかった場合
(4)天災、火災、交通事故による場合
(5)獣医師の治療を受けなかった場合
(6)去勢・避妊手術を起因とする場合
(7)飼養者以外からの保証請求
(8)保証請求に際して虚偽の申告があった場合
(9)国外での場合
(10)ペット以外の目的で購入飼育されている場合
(11)軽度の臍ヘルニア(出べそ)
動物愛護法改正について
2013年9月1日より
「動物取扱業」→「第1種動物取扱業」
追加義務:
1 犬猫の生後56日以内(施行後3年間は45日、その後法律で定める間は49日)の繁殖業者からの引き渡しの禁止
2 犬猫等健康安全計画の策定
3 所有状況の帳簿記録と報告
4 獣医師との連携確保
5 販売時の対面販売、現物確認
6 感染症の疾病の予防、販売が困難になった場合の譲り渡しを努力義務として明記等
今までよりブリーダーからオーナー様へのお譲りが厳しくなりますが、大切な命を考えられた法律ですので、ご了承ください。
その他ご質問、ご相談ございましたら、お気軽にご連絡ください。
動物取扱業登録番号 姶保第6号の2
動物取扱業責任者
大宮司真巳
登録年月日
平成26年6月17日
有効期間末日
平成31年6月16日
タイトル画像
  • キャバリアノヤカタ フェリス ネネ
    キャバリアの館 Feliz Nene (動物取扱業登録番号 姶保第6の2号)
  • 〒899-4202
    鹿児島県霧島市霧島永水地図で見る
  • 0995-57-0860
  • 営業時間
    15時から19時
  • 定休日
    不定期
  • 駐車場あり
    2台駐車可

Copyright キャバリアの館 Feliz Nene (動物取扱業登録番号 姶保第6の2号) All Rights Reserved.